タバコをやめたけど気分転換がほしくなる

数カ月前から禁煙しているのですが、肺が楽になりました。禁煙すると集中力が高まると言われますが、ニコチン中毒のような感覚はたしかになくなってきているとは思います。ニコチン中毒の人の脳は、ニコチンが切れると正常に働かなくなります。喫煙者自身はタバコを吸うと集中力が高まると思っているのですが、実際はニコチンが充満しているときにだけ集中力が正常になるというのが正解です。

なので、禁煙してニコチン中毒から脱することができれば、結果的に普段から高い集中力を維持することができます。私の感覚としては、タバコ休憩はあった方がいいなという感じです。喫煙中の感じは好きでしたし、気分転換になっていました。ただ健康のことを考えるとやはり禁煙して良かったとは思います。時代も喫煙者を許さない時代になっていますし、禁煙した方がいいのでしょう。

心理的な影響はあるので、タバコの代わりの気分転換があるといいです。私の場合は自宅にいることが多いので、集中力が切れたら筋トレなどをするようにしています。タバコの変わりが筋トレなので、かなり健康的な気がしています。しかし、やはりタバコと筋トレは随分違うもので、喫煙が懐かしいと思ったりもしますね。