読売ジャイアンツ

読売ジャイアンツ、今年は監督も変わり、優勝候補の筆頭に挙げられていたにも関わらず、今現在首位広島と12ゲーム差をつけられて2位に甘んじています。今年のジャイアンツは一体何が敗因だったのでしょうか。

まず第一に挙げられるのは相変わらずの打線、昨シーズンは貧打に泣かされたジャイアンツ、今年は打撃コーチを新たに招聘し、打線のテコ入れも行われましたがその効果は全くもって表れず、坂本選手が首位打者、村田選手も打率3割と気を吐いていますが更なる改善が求められます。

次に故障者の続出、今年は開幕から故障者が続出しました、まずはチームの顔である阿部慎之助選手、今年は開幕から故障に悩まされチームに復帰したのは交流戦終了後、そして昨シーズン大活躍のマイコラス、今年は開幕に間に合わず、チームに復帰したのは後半戦に入ってから、復帰後は安定した投球を疲労している為、この人の故障さえなければ、と悔やまれます。

次に先発ローテーションをうまく形成出来なかった事、エースの菅野投手を軸に、田口、高木、ポレダ、桜井と言った先発ローテーションでスタートしたものの、開幕直後に桜井投手が故障で戦線離脱、更にポレダ投手は初登板こそ完封と言う幸先の良いスタートを切りましたがその後は背信投球が続き現在では2軍調整を余儀なくされ、昨年新人ながら先発ローテーションを最後まで守った高木投手はまさかの不調、一時2軍調整を余儀なくされ、現在では中継ぎ投手として1軍のベンチにいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)